高桑税務会計事務所 ― メニュー
名古屋市名東区延珠町1017
Tel.(052)774-2077
事務所案内 お問い合わせ


2016/12/08(木)

 小学校にて、租税教室の講師を務めてきました。
 以前より税理士会では租税教育を行っていましたが、平成26年の税理士法改正により租税教育が税理士会の義務となってからはいっそう力を入れるようになってきました。このため、私も税理士会からの依頼を受け講師として派遣される要員の一人です。
 生徒は6年生2クラス。準備にしっかりと時間をかけ、45分間、税の大切さについてお話ししてきました。
 どこの学校でも、子供たちはふざけることもなく興味深げに聞いてくれます。我々と違い今の子供たちは消費税という身近な税があるというのも興味を持つ一因かもしれません。
 普段に無い体験は大汗もかきますが、子供たちの反応が良く、終了後に質問の手が挙がれば、喜びもひとしおです。

2015/02/17(火)

 ラジオに出演させていただきました。
 11月と2月の恒例となってきたMID-FMの「税金カフェ」コーナーです。
 16日から4日間、個人所得税と消費税の確定申告をテーマに日替わりで税理士が出演しています。今日は2日目で、「自営業者と確定申告」というテーマでお話しさせていただきました。
 同じ番組で4回目ともなるとずいぶん慣れてきて、プレッシャーの中でもそれなりに楽しくやらせていただけるようになってきましたが、この仕事は名古屋税理士会の広報部員としてのお仕事ですので、任期の関係で残念ながら今回が最後の出演となりそうです。
 録音データは前シリーズと同じく名古屋税理士会のホームページに掲載されています。(→こちら


調査票



リーフレット
2014/11/18(火)

 こんな書面が届きました。

 「消費税の転嫁拒否等に関する調査」というもので、発行者は公正取引委員会および中小企業庁です。

 要するに、消費税率アップに際して取引先から消費税分の支払拒否や不当な値引き等を迫られたりしていたら通告してください、というもので、調査の結果事実が判明すれば、相手先名企業に対して是正勧告をすると同時に相手先企業名も公表します、というものです。

 全国の事業者から無作為抽出によってたまたまうちに届いたということだそうですが、自ら通告することもできるようです。左記用紙はネットからダウンロードすることができます。
→(公正取引委員会)「中小企業・小規模事業者等(売手側)」向け書面調査(消費税の転嫁拒否等に関する調査)


2014/11/12(水)

 ラジオに出演させていただきました。
 11月と2月の恒例となってきたMID-FMの「税金カフェ」コーナーです。
 11日から4日間、相続税と贈与税をテーマに日替わりで税理士が出演しています。今日は2日目で、相続税の改正についてお話しさせていただきました。
 今回は1人での出演です。前日の寝不足も祟って、ちょっとテンション落ち気味になってしまいお聞き苦しい点もあるかもしれません。
 録音データは前シリーズと同じく名古屋税理士会のホームページに載る予定です。(→こちら


画像クリックでPDF表示
2014/11/06(木)

 名古屋税理士会の仕事で、中部経済新聞に出稿しました。

 「税を考える週間」に合わせて、税の役割や仕組み、さらに税理士の役割についてわかりやすく解説したつもりです。

(画像をクリックすると、原寸大のPDFファイルをダウンロードできます)


2014/02/20(木)

 ふたたびラジオに出演させていただきました。
 今回もMID-FMの「税金カフェ」コーナーです。
 個人所得税の確定申告期に入ったということで、17日から4日間、テーマを変えて日替わりで税理士が出演しています。今日は最終日で、贈与税についてお話しさせていただきました。
 今回は素敵な女性税理士さんと2人です。だんだん出演が楽しくなってきました
 録音データは名古屋税理士会のホームページに載っています。(→こちら

2013/12/17(火)

 経営革新等認定支援機関向けの研修を受けてきました。

 2日間缶詰状態でみっちり仕込まれました。【基礎編】とはいうものの、200ページ以上あるテキストをほぼ全て網羅した密度の濃い内容でした。

 クライアントのお役に立てるよう、日頃の知識の仕入は大切です。


2013/11/14(木)

 ラジオに出演させていただきました。
 MID-FMというコミュニティFMで、「税金カフェ」というコーナーです。
 今月11日〜17日が「税を考える週間」ということで、税理士会が行った関連イベントのことをお話しさせていただきました。
 前回NHKの時はナマだったのでとても緊張しましたが、今回は2人一組でスタジオでの録音というスタイルだったため、はるかにリラックスしてお話しできました。
 録音データは名古屋税理士会のホームページに載っています。(→こちら

2013/10/22(火)

 ラジオに出演させていただきました。
 NHKラジオ第一放送『中部あさいちばん』にて、「暮らしの税務相談」というコーナーです。
 「太陽光発電と確定申告」というテーマでお話しさせていただきました。
 8分間という短い時間でしたが、生放送ということでとても緊張しました。
 録音はしてありますが、著作権は放送局にあるので(たぶん)ここには掲載できません。弊所お客様でお聞きになりたい方がいらっしゃったらご連絡下さい。(いないとは思いますが…)


※文中の数字は、いずれも私の固有番号ではありません。
2012/11/08(木)

 中部経済産業局より、経営革新等支援機関に認定され、本日その認定証が送られてきました。

 「中小企業経営力強化支援法」という法律に基づいて認定される資格で、税理士・公認会計士・弁護士・経営コンサルタント等、中小企業の経営支援の実績がある実務家および金融機関等が対象になります。

 経営支援といってもそれぞれの得意分野で支援内容が異なります(職種によって限定されているわけでなくあくまで各人各機関の標榜するところによります)。
 税理士の場合、その役割は一般的には、金融機関からの信用度が高まる(=有利な融資が受けられる)ような適正な財務諸表の作成や経営計画策定のお手伝いといったところでしょうか。

 耳慣れない制度かと思いますので、中小企業庁のページにリンクを貼っておきます。


2011/09/05(月)

 中部経済新聞に私の書いた記事が掲載されました。

 新しい税制『グループ法人税制』について書きました。

 ちょっと取っつきにくいですが、会社を経営されている方には必ずしも無関係ではないことですので、興味のある方はご一読ください。(画像をクリックするとPDFファイルにリンクします)

(※制度の紹介程度の内容で、細かい所までは突っ込んで書いていません。)


2011/04/22(金)

 日本FP協会より、AFPの認定証が送られてきました。

 今日からファイナンシャルプランナーの端くれです。

特定非営利活動法人 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会


2010/

 今年も研修修了証はちゃんともらってますが、同じなので画像は省略します。


2009/08/04(火)

 名古屋税理士会より、今年も研修修了証が送られてきました。

 今年はタイトルが変わって「法定研修修了証」になっています。36時間研修が税理士法に定められた研修であるということをより明確にする意図があるようです。


2009/06/16(火)

 政治資金監査の研修を受講してきました。

 政治資金規正法の改正により、国会議員の関係する政治団体は必ず資格を持った第三者の監査を受けなければならないことになりました。昨今の不明朗な事務所費問題や、領収書のコピーによる経費水増し事件等を受けてのことです。

 監査人となることができるのは、税理士の他、弁護士や公認会計士で、総務省の登録人名簿に登録された上に所定の研修を受けた者です。

 私は今年の1月に名簿登録をされましたが、この度の研修を受けることで正式に政治資金監査の業務を扱う資格を得たことになります。

 なにぶんできたばかりの新しい制度で、誰もやったことがない業務です。着手から完了まで何日くらい要するのか、報酬はいくらくらいいただけばよいのか、そもそも自分の所に依頼が来るのか…、何もわからない状況ですが、何はともあれ、基本的な条件だけは整いました。


2009/06/12(金)

 千種税務署より、感謝状を受けました。

 要は国税電子申告(e-Tax)をよく活用してくれました、ということのようです。

 税務署長自ら当事務所においでになり、丁寧な授与式をおこなっていただきました。写真も撮っておけばよかったかな、と少し後悔しています。


2008/12/10(水)

 名古屋税理士会より、36時間研修修了証が送られてきました。

 税理士は税理士法により研修義務が課されています。税理士になった時だけでなく、専門家として業務を続けていく限りは自己研鑽を怠らないようにとの意味からです。(税理士法第39条の2「税理士は、所属税理士会及び日本税理土会連合会が行う研修を受け、その資質の向上を図るよう努めなければならない」)

 さらに、名古屋税理士会においては研修細則の中で、年間36時間という研修受講の具体的な時間目標義務を定めていますが、今年度より、規定時間達成者に対して修了証を発行することになりました。

 修了証はステッカーになっていて、事務所のどこかに貼り付けておくようにという意味のようですが、毎年貼り替えるのが厄介そうなのでとりあえず置いてあります。